気ままに@不定期blog2

自転車中心に、他愛もないこと書いています。

走らせ過ぎ?それではかわいそうだ... 

最近中学生の下腿、特に膝の痛みを訴える子が多い...

話を聞いてみると、部活動のほかに駅伝の練習をしているという。
中学校は、陸上部の生徒以外にも、早い生徒がいればその子たちも含めて駅伝の選手にするけど、陸上部以外の生徒は、各々の部活動もやらなければならないので、完全にオーバーユースになってしまっている...

完全に中学校対抗の駅伝なので、それに対しての力の入れようが傍目から見ていると異常に見えてくる。
もし駅伝の練習をやらせるのであれば、部活の量を減らすとか考えれば良いのだけれど、その部活にとってその生徒を必要としていれば、休ませるわけにも行かないし、生徒そのものも自分の部活は休みたくないとなれば、どうしたら良いんだろう...

その選考は、全員を走らせてタイムによって数人選び、練習を行ってそこからまた人数を絞っていく...
一生懸命練習しても、外される生徒がいると言うことになるし、走られないうえに、怪我をして部活も出来ないのであれば何のための駅伝?と思ってしまう。

それは伝統だから...と必ず言われるけれど、学校側は本当に生徒側で考えているんだろうか?
家の娘も中学時代練習をしたけれど、最終的に選手は年功序列で、遅い先輩を選んだ事もあった。
その理由は、「あなたはまだ来年もあるから...」でしたが、それだったら最初から選ばないで欲しいと持った。

もう何年も前から思っていることを、思わず書いてしまいましたが、教育って何?強制的に走らせるのも教育?違いような気がするな。


いつも読んでいただきありがとうございます。
応援のポチ↓お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 2016日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moto555jp.blog119.fc2.com/tb.php/2178-d194f59a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード

にほんブログ村ブログパーツ

FC2カウンター